東京五輪チケットの第1次抽選販売では応募が殺到し、観戦希望者が予想以上の数に上ることがわかった。だが、一方ですでに転売市場は活発化していた!

◆中国系転売ヤーも参戦。海外販売分狙う業者も

 東京五輪がいよいよ1年後に迫るなか、6月に観戦チケットの第1次抽選販売が行われた。当選者の9割が購入期限までに入金を済ませ、総チケットの約4割にあたる約322万枚の販売が完了したという。大会組織委員会は8月に第2次抽選販売を行うことや、チケット保有者が定価で転売できる「公式リセールサービス」を設けることも発表しており、1次落選者にも獲得のチャンスはまだ残っている。

 しかし、一方で懸念されていたある動きが密かに活発化している。都内在住の会社員・Tさん(28歳)はこう明かす。

「友人らと協力してサッカーの試合に応募したところ、準々決勝が当選した。でもA席3人分で計6万3000円とちょっと高い。ちょうど、友人も準決勝で安いC席が当選したので放棄しようと思ったんです。そんなとき、友人行きつけのスポーツバーで転売相手を探してくれると聞き、店主に頼んだら3日後に連絡が来ました。

 その後、店で購入希望者の男性と落ち合ったのですが、10万円が入った封筒を差し出してきたので即決でした。その場でクレジットカードで決済し、名義を男性のものに変更しました。お金は友人らと山分けしましたが、まさかこんな臨時収入になるとは(笑)

 過去大会の例に漏れず、東京五輪でもチケットの不正転売は禁止され、転売阻止のため公式販売サイトでの監視システムの運用や、オークションサイトとの連携を進めている。しかし、一方でチケットの名義は試合当日まで変更できるので、対面やクローズドな環境で取引されると組織委も把握できないというわけだ。

 もう一人、組織委が目を光らせるネット上でのチケット転売を実行した男性もいる。北関東在住のMさん(31歳)は話す。

「水泳飛び込みの決勝A席(3万500円)や水泳の女子水球準決勝C席(4500円)など3競技、各4人分当選したんで、興奮してインスタに『当たりすぎた』と投稿したところ、知らない人から『譲ってください』というDMが10通くらい来た。そのなかで、一番高値を提示した2人に2席ずつ売りました。8万円くらい儲かったので、自分用のチケット代がちょうど浮いた感じですね」

◆中国の転売業者間で“共通相場”が確立

 こうした水面下での取引はすでに多くの場所で行われている可能性があるが、さらに大胆な転売を行う者も。希少性の高い商品が販売されると必ず湧いてくる、中国系の転売ヤーたちだ。

 7月18日時点で、中国最大のECサイト・タオバオには「東京オリンピックチケット」という商品が複数、出品されていた。客を装い、2つの業者にメッセージを送ったところ、まず業者Aは「開会式はB席で約56万円、男子バスケットは準決勝で約19万円」との返事が。定価は前者が24万2000円なので倍以上、後者の席のグレードは不明だがB席の場合、5万7500円となり、3倍以上の暴利となる。支払いはタオバオの決済システムか日本の銀行口座への振り込み。入金が確認できたらチケットの名義を変更するとのことだった。

 その後、別の業者Bからも返信があり、チケットの価格一覧表を送信してきた。そこには競技別・席種別の販売価格が書かれてあった。最も高額だった開会式A席は約144万円で、定価の5倍近い値段である。一方で、開会式B席や、男子バスケットの準決勝のチケットは業者Aが提示したものとおおむね近い価格だった。すでに異なる業者で共通する“相場”が確立するほど、転売市場の流動性は高まっているということなのかもしれない。

◆現地人を動員して海外販売分を入手

 こうした状況について、組織委はどこまで把握しているのだろうか。IOCに見解を求めたが、残念ながら期日までに回答を得られなかった。

 まったく別のアプローチでチケット転売をもくろむ者もいる。ベトナムの日系IT企業で働くSさん(29歳)だ。

「五輪チケットは海外販売分があり、各国の指定エージェントが窓口になって販売する予定になっています。こっちでも販売が始まったら、部下のベトナム人を動員して購入しようと思ってます。ウチはカンボジアインドネシアにも系列会社があるので、そっちでもできれば現地人を動かして購入したいですね。手に入ったら、もちろん日本人に転売しますよ」

 ネット上を調べると、豪ツアー会社のサイトには、4泊分のホテルと3つの競技のチケットがついたパックが約37万円で販売されていた。ちなみに同社はJOCが公表している公式チケット販売事業者ではなかった。海外販売分は国ごとに流通が異なるため、国によっては不正転売の温床になるのかもしれない。

 6月14日に罰則付きの「チケット不正転売禁止法」が施行されたが、あくまで国内法だ。海外での転売を取り締まることはできないのだ。

◆不正転売は果たして実現可能なのか

 早くも転売市場が形成されつつあるが、「焦る必要はない。当日、必ずダフ屋が出ますから」と話すのは冬季五輪を中心に過去5大会を観戦したという五輪マニアのEさん(40代・男性)だ。

「席数の少ない室内競技の決勝や、地元のスター選手が出場する試合は別として、どの大会もダフ屋が必ず競技場周辺に出没します。3年前のリオ大会でも陸上競技の予選チケットは競技場の入り口でダフ屋から買いました。警察や警備員も見て見ぬふりでしたよ。期間中はテロや事故を防止するのが最優先になるので、東京五輪も同じようになるでしょう」

 ’04年のアテネ以来すべての夏季五輪大会を現地取材している、スポーツジャーナリストの栗原正夫氏はこう話す。

「チケットの転売対策強化は毎大会のように言われることですが、あくまで転売業者をけん制するのが主な目的。というのも、あまりにも転売を厳しく取り締まって、空席が目立つようなことになればIOCから怒られてしまう。昨年の冬の平昌大会を取材した際には、不人気競技のチケットを無料配布して観客を動員し、空席を埋めたという話も聞きました」

 同様の事例は’12年のロンドン大会でも起きている。チケットの事前抽選販売の競争率が非常に高く、多くの市民が入手できない状態だったにもかかわらず、多くの競技で空席が目立ったという。そこで危機感を抱いた組織委は、五輪の警備に携わる英軍兵士や、地元大学生を無料招待の“動員”をして席を埋めたというのだ。

 組織委が何としても阻止したい不正転売は果たして実現可能なのか。紹介したような転売事情を見ると、甚だ疑問ではある。

◆過去大会のチケット事情

●北京(’08年)
実名登録制で販売されたが、開会式は最高325万円で転売されたという。各競技の予選についてはダフ屋が横行。当局も黙認状態で実名登録制は無意味だった。

ロンドン(’12年)
オンライン購入の不具合による発券ミスが続出。売り切れにもかかわらず空席だらけの競技が出るなど問題が多かった。不人気競技では正規の当日券も相当数あった。

●リオ(’16年)
地元マフィアによる大規模なダフ屋が暗躍。開会式が8倍の値段で転売されたという。加えてIOC理事による大量不正転売も。当局も積極的に摘発しなかったという

●平昌(’18年)
チケット販売率が9割を超えたと組織委は発表したが、空席が目立つ競技も。こちらもダフ屋が横行。人気の高いフィギュアの決勝チケットは60万円近くで転売された。

<取材・文/奥窪優木 青山大樹 写真/AFP=時事>
※週刊SPA!7月23日発売号「五輪チケット高額転売の裏側」特集より

北京五輪でEさんがダフ屋から買った柔道のチケット。身分証確認などはなかったという


(出典 news.nicovideo.jp)

割と長くてちょっとだけ読むの大変でしたが、こんなことが行われていたなんて(´⊙ω⊙`) 必然的にこういった大会では見たいと思っている人でもチケットが当たらずに実現出来ないという人がいます。


そこでビジネスとして考えたら、チケットはいくら高値でも売れますよね。


「チケットの転売対策強化は毎大会のように言われることですが、あくまで転売業者をけん制するのが主な目的。というのも、あまりにも転売を厳しく取り締まって、空席が目立つようなことになればIOCから怒られてしまう。」

日本ではダメですが、海外からなら大丈夫という。。しかも厳しすぎると怒られる。。ビジネス面で考えると良い事も悪い事もありますね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )