東京オリンピック・速達まとめたる

最新の東京2020オリンピック・パラリンピックに関するニュースはこちら。東京五輪ニュース記事一覧。様々な競技・予選・記録に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ: 東京2020オリンピック



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    大谷翔平さんがいないのがビックリですね(゚ω゚)

    そもそも野球が期待されていないってことですかね?

    意外とあの人の順位が高かったなって印象があります!



    1 ラッコ ★ :2019/07/30(火) 16:51:22.44 ID:M2xj7s/D9.net

    ※2019年7月24日(水)午前8:00~9:55にTBS系で放送の「ビビット」より

    ■2020東京五輪まで1年 あなたの注目は
     東京五輪まで1年。競技会場に潜入する。羽根田卓也選手を直撃する。街の人に期待する選手をアンケート。

    ■五輪開幕まであと1年 超豪華! 選手村もほぼ完成!
     東京五輪まで一年。東京・中央区の選手村が大分出来ている。宿泊棟は工事が終わっている。選手村の建物はオリンピック後は改装され、賃貸で借りることもできる。
    5千万円代からの分譲もある。有明アリーナはバレーボールの会場で収容人数1万5千人、総工費約360億円で今年12月完成予定。屋根は独特な反り屋根。
    太陽光を周りに反射させないため。体操は有明体操競技場で行われる。1万2千人収容で今年10月に完成予定。国内最大級の木造屋根。

    ■五輪新施設 空から見たら“準備着々”
     有明には選手村や有明体操競技場などがある。東京五輪で期待する選手のアンケートを実施した。

    ■東京五輪で活躍を期待する選手は? 1000人アンケート
    10位はバスケットボールの八村塁。
    9位は体操の白井健三。世界屈指のひねり職人。
    8位はバドミントンの桃田賢斗。
    7位はテニスの錦織圭。
    6位は体操の内村航平。
    5位は水泳の瀬戸大也。
    4位は陸上の桐生祥秀。桐生祥秀は「金メダルを狙う」などと話した。

     今の日本のバスケットは強くなっているという。
    内村航平選手や白井健三選手は調子を崩しているという。体操は今後、全日本シニア選手権が8月に、10月には世界選手権がある。
    バドミントンの桃田賢斗は世界ランク一位。政井マヤは八村塁に注目しているという。

     五輪で活躍を期待する選手の3位はテニスの大坂なおみ選手だった。街の人から「若さがあって、楽しんでプレーしているところが魅力」とのコメントがあった。

     第2位はサッカーの久保建英選手。日本人で始めてレアル・マドリーの選手として試合に出た。チーム最年少の久保選手は堂々としたプレーで世界中のファンを魅了した。

     話題は五輪で活躍を期待する選手について。小林信也さん(スポーツライター・作家)は大坂なおみ選手が最高の調子だったら金メダルを狙えるとコメントし、
    真矢ミキさんは大坂なおみ選手のインタビューについて「ギャップが萌える、みんなに夢を与える」などと話した。
    久保選手について堀尾正明さんは「これからのプレーが楽しみでしょうがない。ただ、オリンピックで日本のサッカーはなかなか上の方にいかない」などとコメントした。
    国分太一さんは「久保選手は10代の票を集めた」と話し、「トップクラスの選手にパスを出すセンスが凄い」などと評価した。このあと1位を発表する。

     第1位は陸上競技のサニブラウン選手が選ばれた。今年9月に100mで日本人2人目となる9秒台をマークした。
    6月には9秒97の日本新記録をマークし、ウサイン・ボルト氏は五輪の決勝に残るのではとコメントした。
    サニブラウン選手は「世界記録を出してみたいと思っています」などとコメントした。

     政井は「夢を与えてくれる」などと話し、小林さんは「陸上の取材をしているがこの状況を予想できなかった。サニブラウン選手は海外の早い選手を見てどう走るのか」などと話した。
    小林さんはリレーについて「サニブラウン選手はアンダーパスが上手くないのでリレー選手にならない可能性がある」などと話した。

    ■金メダル1号は? 注目の有力競技
     東京五輪は33競技、339種目。小林信也が注目するのはアーチェリー。混合団体決勝は7月25日で日本人金メダル第一号になる可能性がある。
    古川高晴選手はオリンピックでメダルを取っている。アーチェリーは最近道具が良くなり、風の影響が減っているという。

    TVでた蔵
    https://datazoo.jp/tv/%E3%83%93%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88/1282441
    https://datazoo.jp/tv/%E3%83%93%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88/1282441/2

    ※別ソース
    東京五輪まで1年!1000人に聞きました「期待する日本の選手は?」ベスト10発表 : J-CASTテレビウォッチ
    https://www.j-cast.com/tv/2019/07/24363390.html
    > 10位はバスケットボールの八村塁選手(21)。街の人の声を聞くと、「日本はバスケが弱いので、八村選手に頑張ってほしい」というのが理由のようだが、
    > スポーツジャーナリストの小林信也さんは、これに異議を唱える。「日本のスポーツは今すごく変わっています。バスケット、かなり強いです。八村君だけじゃないんです」と言う。

    (>>2-5あたりに、関連スレ・関連記事)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.sankei.com)



    【【調査/ビビット】「東京五輪で活躍を期待する選手」サニブラ(陸上) 久保建英(サッカー) 大坂なおみ(テニス)…10位八村塁(バスケ)果たして上位3人は誰が1位なのか】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    韓国が東京オリンピック参加をボイコットする可能性が出てきました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    国際情勢を考えたら難しいんですかね。。

    どうしても韓国のラフプレーは酷いものが多いなって印象があります。
    全員が全員ではないですが、オリンピックに向けて努力しているアスリートが良い方向に向かえばいいのですが。

    1 Felis silvestris catus ★ :2019/07/29(月) 18:03:07.28 ID:Yx01f5SQ9.net

    https://anonymous-post.mobi/archives/11807
    日本政府は8月2日にも、安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する。

    韓国政府は、除外対象は現在の半導体材料3品目から、電子部品や工作機械など「1000品目以上」に急拡大すると分析。
    半導体に次ぐ主要産業の石油化学製品や自動車も打撃を受けると危機感を募らせている。

    文政権の与党関係者は「東京五輪にも影響が及ぶ」「平和の祭典である五輪を主催する資格はない」と恫喝(どうかつ)じみた警告をしてきた。

    韓国が東京五輪をボイコットするなら、日本人の多くは「それは残念」 「仕方ないね」と、無理には止めないだろう。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190728/for1907280001-n1.html



    (略)


    【【ホワイト国除外】文政権の与党関係者が警告「東京五輪にも影響」 ネット「ボイコットなら大歓迎w」「警告になってなくてワロタw】の続きを読む


    3週間前からってのが良く分からないですね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    研修とかがあるのだと思いますが、それほど前からやる必要があるのか。。


    ボランティア=奴隷になるのでしょうか?

    1 アンドロメダ ★ :2019/07/29(月) 12:12:05.89 ID:QwOB82Oa9.net

    ▼@IndonesiaTakumaさんのツイート

    Takuma D Indonesia @IndonesiaTakuma 1:42 - 2019年7月20日
    知り合いのインドネシア人の女の子が東京オリンピックのボランティアに応募して見事に選ばれた。
    でも「開催3週間前から現地入りしろ。滞在費等の手当は一切出さない。来れなくなるとまずいから今のうちに宿は抑えておけ」と言われ、全てが自己負担のボランティアなんてありえないとかなり失望してた。
    https://twitter.com/IndonesiaTakuma/status/1152257295801131008

    Takuma D Indonesia @IndonesiaTakuma 1:49 - 2019年7月20日
    その子はAsianGamesっていう東南アジア版のオリンピックで、宣伝チームのリーダーをやってた子。
    その時は派遣社員に近い扱いで、ボランティアは全員有償協力だったし、それが世間一般的に普通とのこと。
    日本の「上のために下に無理させるスタイル」が、今度は世界中の人に向けて行われます。
    https://twitter.com/IndonesiaTakuma/status/1152259130557521922

    ▼twitterの反応

    Coenobita @Coenobita 19:14 - 2019年7月27日
    国連ボランティアは報酬は出る。
    義勇兵(ボランティア兵)も報酬は基本的に出る。
    ボランティアは本来、ある目的の為に集められた雇用という程度の意味であり、だから正規に集められた人材より安く雇えるというだけ。
    ボランティアを無償と誤用し続けるのはそろそろ無理が来ているのではなかろうか。
    https://twitter.com/Coenobita/status/1155058970144325634

    はくいの @hakuino 19:49 - 2019年7月27日
    海外の人からするとボランティア=奉仕活動だけど、東京オリンピックではボランティア=無償労働の意味だからなぁ……
    「タダだけど仕事の責任は果たせ」という日本式ボランティア

    真場貴雄=リナードル @rinard18 5:08 - 2019年7月27日
    まあ、そうなるでしょうねぇ。
    これが、日本政府の五輪に掛ける本気度ですよ…?。
    自分(政府)は、一切金を使う気が毛頭無い。
    これは外国人云々関係無く、日本に住む国民としても、本当に恥ずかしく感じますね。

    ジャイアンツゼロ @pIT9S99YP0Nwu5l
    仮に本業には無報酬でも、交通費と宿泊場所の提供。
    弁当や飲み物の支給は最低限やらないと話にならない。

    ▼ネット上のコメント

    ・ボランティアは「無償」と云う意味では無いからね??

    ・やはり安倍一味は、庶民の気持ちがわからない。金持ちが上に立つからこんなことになる。やっぱり政権交代ははやくしないと

    ・しかもホテル宿泊費最大6倍らしいですね…

    ・こういう善意の人の思いも踏みにじるオリンピックなぞ不要。改めて協賛企業への不買運動を促進しよう。協賛企業CMにいかがわしい笑顔で出ているタレントの出てる番組の視聴拒否。まだやれる事はある。諦めたら負け。日本は更に気持ち悪い国になるから。

    ・日本人はボランティアという言葉を「無銭労働者」と訳すらしい。全世界で恥ずかしい

    ・ボランティアじゃなくて奴隷ですね

    ・えらい人の報酬や経費を削れば解決しますよ


    (出典 snjpn.net)

    https://snjpn.net/archives/147138

    ★1が立った日時:2019/07/28(日) 22:49:25.87
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564352803/
    (deleted an unsolicited ad)


    【東京五輪ボランティアのインドネシア人「3週間前から現地入りしろ。滞在費は出さないって…全てが自己負担なんてあり得ない」と失望】の続きを読む


     東京五輪チケットの第1次抽選販売では応募が殺到し、観戦希望者が予想以上の数に上ることがわかった。だが、一方ですでに転売市場は活発化していた!

    ◆中国系転売ヤーも参戦。海外販売分狙う業者も

     東京五輪がいよいよ1年後に迫るなか、6月に観戦チケットの第1次抽選販売が行われた。当選者の9割が購入期限までに入金を済ませ、総チケットの約4割にあたる約322万枚の販売が完了したという。大会組織委員会は8月に第2次抽選販売を行うことや、チケット保有者が定価で転売できる「公式リセールサービス」を設けることも発表しており、1次落選者にも獲得のチャンスはまだ残っている。

     しかし、一方で懸念されていたある動きが密かに活発化している。都内在住の会社員・Tさん(28歳)はこう明かす。

    「友人らと協力してサッカーの試合に応募したところ、準々決勝が当選した。でもA席3人分で計6万3000円とちょっと高い。ちょうど、友人も準決勝で安いC席が当選したので放棄しようと思ったんです。そんなとき、友人行きつけのスポーツバーで転売相手を探してくれると聞き、店主に頼んだら3日後に連絡が来ました。

     その後、店で購入希望者の男性と落ち合ったのですが、10万円が入った封筒を差し出してきたので即決でした。その場でクレジットカードで決済し、名義を男性のものに変更しました。お金は友人らと山分けしましたが、まさかこんな臨時収入になるとは(笑)

     過去大会の例に漏れず、東京五輪でもチケットの不正転売は禁止され、転売阻止のため公式販売サイトでの監視システムの運用や、オークションサイトとの連携を進めている。しかし、一方でチケットの名義は試合当日まで変更できるので、対面やクローズドな環境で取引されると組織委も把握できないというわけだ。

     もう一人、組織委が目を光らせるネット上でのチケット転売を実行した男性もいる。北関東在住のMさん(31歳)は話す。

    「水泳飛び込みの決勝A席(3万500円)や水泳の女子水球準決勝C席(4500円)など3競技、各4人分当選したんで、興奮してインスタに『当たりすぎた』と投稿したところ、知らない人から『譲ってください』というDMが10通くらい来た。そのなかで、一番高値を提示した2人に2席ずつ売りました。8万円くらい儲かったので、自分用のチケット代がちょうど浮いた感じですね」

    ◆中国の転売業者間で“共通相場”が確立

     こうした水面下での取引はすでに多くの場所で行われている可能性があるが、さらに大胆な転売を行う者も。希少性の高い商品が販売されると必ず湧いてくる、中国系の転売ヤーたちだ。

     7月18日時点で、中国最大のECサイト・タオバオには「東京オリンピックチケット」という商品が複数、出品されていた。客を装い、2つの業者にメッセージを送ったところ、まず業者Aは「開会式はB席で約56万円、男子バスケットは準決勝で約19万円」との返事が。定価は前者が24万2000円なので倍以上、後者の席のグレードは不明だがB席の場合、5万7500円となり、3倍以上の暴利となる。支払いはタオバオの決済システムか日本の銀行口座への振り込み。入金が確認できたらチケットの名義を変更するとのことだった。

     その後、別の業者Bからも返信があり、チケットの価格一覧表を送信してきた。そこには競技別・席種別の販売価格が書かれてあった。最も高額だった開会式A席は約144万円で、定価の5倍近い値段である。一方で、開会式B席や、男子バスケットの準決勝のチケットは業者Aが提示したものとおおむね近い価格だった。すでに異なる業者で共通する“相場”が確立するほど、転売市場の流動性は高まっているということなのかもしれない。

    ◆現地人を動員して海外販売分を入手

     こうした状況について、組織委はどこまで把握しているのだろうか。IOCに見解を求めたが、残念ながら期日までに回答を得られなかった。

     まったく別のアプローチでチケット転売をもくろむ者もいる。ベトナムの日系IT企業で働くSさん(29歳)だ。

    「五輪チケットは海外販売分があり、各国の指定エージェントが窓口になって販売する予定になっています。こっちでも販売が始まったら、部下のベトナム人を動員して購入しようと思ってます。ウチはカンボジアインドネシアにも系列会社があるので、そっちでもできれば現地人を動かして購入したいですね。手に入ったら、もちろん日本人に転売しますよ」

     ネット上を調べると、豪ツアー会社のサイトには、4泊分のホテルと3つの競技のチケットがついたパックが約37万円で販売されていた。ちなみに同社はJOCが公表している公式チケット販売事業者ではなかった。海外販売分は国ごとに流通が異なるため、国によっては不正転売の温床になるのかもしれない。

     6月14日に罰則付きの「チケット不正転売禁止法」が施行されたが、あくまで国内法だ。海外での転売を取り締まることはできないのだ。

    ◆不正転売は果たして実現可能なのか

     早くも転売市場が形成されつつあるが、「焦る必要はない。当日、必ずダフ屋が出ますから」と話すのは冬季五輪を中心に過去5大会を観戦したという五輪マニアのEさん(40代・男性)だ。

    「席数の少ない室内競技の決勝や、地元のスター選手が出場する試合は別として、どの大会もダフ屋が必ず競技場周辺に出没します。3年前のリオ大会でも陸上競技の予選チケットは競技場の入り口でダフ屋から買いました。警察や警備員も見て見ぬふりでしたよ。期間中はテロや事故を防止するのが最優先になるので、東京五輪も同じようになるでしょう」

     ’04年のアテネ以来すべての夏季五輪大会を現地取材している、スポーツジャーナリストの栗原正夫氏はこう話す。

    「チケットの転売対策強化は毎大会のように言われることですが、あくまで転売業者をけん制するのが主な目的。というのも、あまりにも転売を厳しく取り締まって、空席が目立つようなことになればIOCから怒られてしまう。昨年の冬の平昌大会を取材した際には、不人気競技のチケットを無料配布して観客を動員し、空席を埋めたという話も聞きました」

     同様の事例は’12年のロンドン大会でも起きている。チケットの事前抽選販売の競争率が非常に高く、多くの市民が入手できない状態だったにもかかわらず、多くの競技で空席が目立ったという。そこで危機感を抱いた組織委は、五輪の警備に携わる英軍兵士や、地元大学生を無料招待の“動員”をして席を埋めたというのだ。

     組織委が何としても阻止したい不正転売は果たして実現可能なのか。紹介したような転売事情を見ると、甚だ疑問ではある。

    ◆過去大会のチケット事情

    ●北京(’08年)
    実名登録制で販売されたが、開会式は最高325万円で転売されたという。各競技の予選についてはダフ屋が横行。当局も黙認状態で実名登録制は無意味だった。

    ロンドン(’12年)
    オンライン購入の不具合による発券ミスが続出。売り切れにもかかわらず空席だらけの競技が出るなど問題が多かった。不人気競技では正規の当日券も相当数あった。

    ●リオ(’16年)
    地元マフィアによる大規模なダフ屋が暗躍。開会式が8倍の値段で転売されたという。加えてIOC理事による大量不正転売も。当局も積極的に摘発しなかったという

    ●平昌(’18年)
    チケット販売率が9割を超えたと組織委は発表したが、空席が目立つ競技も。こちらもダフ屋が横行。人気の高いフィギュアの決勝チケットは60万円近くで転売された。

    <取材・文/奥窪優木 青山大樹 写真/AFP=時事>
    ※週刊SPA!7月23日発売号「五輪チケット高額転売の裏側」特集より

    北京五輪でEさんがダフ屋から買った柔道のチケット。身分証確認などはなかったという


    (出典 news.nicovideo.jp)

    割と長くてちょっとだけ読むの大変でしたが、こんなことが行われていたなんて(´⊙ω⊙`) 必然的にこういった大会では見たいと思っている人でもチケットが当たらずに実現出来ないという人がいます。


    そこでビジネスとして考えたら、チケットはいくら高値でも売れますよね。


    「チケットの転売対策強化は毎大会のように言われることですが、あくまで転売業者をけん制するのが主な目的。というのも、あまりにも転売を厳しく取り締まって、空席が目立つようなことになればIOCから怒られてしまう。」

    日本ではダメですが、海外からなら大丈夫という。。しかも厳しすぎると怒られる。。ビジネス面で考えると良い事も悪い事もありますね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )




    【東京五輪チケット高額転売の裏側。開会式A席は144万円も!】の続きを読む



    (出典 www.1242.com)


    ロシアが正式に参加するんですね!(゚ω゚)
    でも、韓国が不参加の傾向が強いのですがどうなるんでしょうか。

    1 :2019/07/27(土) 06:56:46.43 ID:gJhY26pc0●.net BE:512899213-PLT(27000)


    (出典 img.5ch.net)

    国際オリンピック委員会(IOC)はロシア・オリンピック委員会に対し、2020年の東京五輪参加を許可する正式な招待状を送った。
    ロシア・オリンピック委員会は公式サイト上のニュース欄に次のように発表した。
    「ロシア・オリンピック委員会は2018年の韓国の平昌五輪とは異なり、正式のロシア代表団を編成し、自国の国旗を掲げ、制限も補足的条件も一切つけられずに
    日本の首都で出場する可能性を手にした。」
    ロシアは、平昌五輪開催まで秒読み段階だった2017年12月、ロシア人選手に対するドーピング・スキャンダルを理由にIOCからの代表団の参加権を剥奪された。
    IOCに乗り込み、出場許可を訴える演説を行ったフィギュアのメドベージェワ選手の努力も大きく影響し、結果的に、ロシア人選手らはドーピング検査で合格した
    場合、国旗を掲げず、中立的な立場での参加が許可された。平昌五輪閉幕後、ロシア・オリンピック委員会の資格は回復されている。

    6月、英紙サンデー・タイムズはロシアが新たなドーピング疑惑で東京五輪出場禁止処分を受ける可能性があると報じていた

    https://jp.sputniknews.com/sport/201907276521279/

    サンデータイムズのその記事
    https://www.thetimes.co.uk/article/russia-faces-new-olympics-ban-over-doping-jgqk2qjpc
    平昌五輪でIOCがロシアに嫌がらせしたニュース
    https://www.bbc.com/japanese/42247810


    【【速報】ロシア 東京五輪に正式に参加】の続きを読む

    このページのトップヘ