(出典 kamenochie.com)


凄い人数ですね、無給なんですかね?( ; ; )

それにしても東京のこの時期での暑さは
競技者にも観覧者にもだいぶしんどいので死人が出ないことを祈ります。

1 ガーディス ★ :2019/07/30(火) 22:29:36.23 ID:TFCkF/JV9.net

来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、大会の組織委員会は、観客の熱中症や選手のけがなどの対応にあたる医療スタッフが、大会全体で1万人以上に上る計画を明らかにしました。

組織委員会は30日の理事会で、東京大会の43の競技会場や選手村などの医療体制の計画を明らかにしました。

それによりますと、競技会場に設ける医務室は選手用と観客用に分かれ、選手用は原則、各会場に1か所ですが、観客用の医務室は観客1万人当たりに1か所を設けるとしています。

中でも観客用の医務室には、1か所に医師2人、看護師4人で、救急車を配備するうえ、暑さによる熱中症が懸念される中、会場を巡回して応急対応を行う「ファーストレスポンダー」を1か所に10人配置する計画です。

選手村には総合診療所を設け、会場の医務室と合わせた数は130か所以上となり、医療スタッフの人数は大会全体で1万人以上に上るということです。

組織委員会は、医師会や規模の大きな病院などに協力を求めてきた結果、要員の確保のめどが立ったとしており、組織委員会の武藤事務総長は「通常の診療がある中で協力してもらうので、医師にとってもわれわれにとっても課題はある。医療スタッフの配置は必要に応じて弾力的に運用したい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190730/k10012014721000.html


【大会組織委「東京五輪に必要な医療スタッフは10000人以上。要員確保のめどはたった」】の続きを読む